大阪・東京の中小企業のシステム開発を支援

お問い合わせ

受付 10:00~12:00,13:00~17:00(土日祝除く) 06-6320-4199

ホーム プレスリリース一覧 2012年 2012/7/12 → English Site

プレスリリース

低コストで業務の効率化を実現する医療施設向け患者呼出表示システム販売を開始

配信日:2012/7/12

概要

スキルインフォメーションズ株式会社(大阪府東淀川区、代表取締役:杉本 浩)は、医療機関での受付から会計までをスムーズにし、業務の効率化を図る番号呼出表示システムの販売を開始いたしました。
このシステムは株式会社インテクア(東京都品川区、代表取締役:石原 剛)が開発したシステムで、「単科(科別)案内」「会計案内」「複数診療科」「病院」までと幅広く対応できる構成を用意しており、診察待ちや会計待ちの患者さんの受付番号を大型モニターを使い表示するシステムです。導入した医療機関では業務の効率化が図れ、さらに人件費の削減もできます。

内容詳細

「患者さまの待ち時間のストレス軽減を図りたい」「待合室の混雑緩和を図りたい」「患者さまのプライバシーを守りたい」「受付事務の負担軽減を図りたい」というニーズが増える中、番号呼出表示システムの導入を進めている医療機関も多いようです。
プライバシー保護対策として、患者様のお名前ではなく、受付番号で呼び出す事でプライバシー保護に有効です。さらにモニター表示にくわえ、システム音声呼出機能が標準で搭載されており、目の不自由な患者様などへも配慮しています。
また、診察待ち、診療待ちの人数・順番がわかり、オプションによるテレビやDVDなどを同一モニター内に放映する事ができ、待ち時間のストレス軽減できます。
操作性もシンプルで、誰でも簡単に操作できます。ノートPCと17インチ以上のモニターで、容易にシステム構築ができます。レセコンや電子カルテと連携することなく使用できるほか、バーコード管理を行えば更に便利に利用できます。
導入した医療機関では番号を使用して呼込みたいタイミングで呼び出しができるので、診察の流れがコントロールできる、番号で順番を表示するため、患者様にはだいたいの見通 しがついて、少し外出したり待ち時間を有効活用していただいたりと導入効果を実感されています。
近畿圏を中心に西日本での医療機関への導入を増やしていく予定です。

問合せ先

大阪本社 医療コンサルティング部 Tel 06-6320-4199

先頭へ戻る