大阪・東京の中小企業のシステム開発を支援

お問い合わせ

受付 10:00~12:00,13:00~17:00(土日祝除く) 06-6320-4199

ホーム プレスリリース一覧 2016年 2016/6/9 → English Site

プレスリリース

動物生体監視機器開発がものづくり補助金に採択

配信日:2016/6/9

概要

医療システム開発を行うスキルインフォメーションズ株式会社では、「マイクロ波センサーを使った動物生体情報遠隔監視機器の試作開発」事業が2016年6月6日付けで、平成27年度補正「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」に採択されました。

内容詳細

近年、ペット市場は拡大が続いており、関連サービスの需要も増えています。その中から着目したのは「ペットホテル(一時預かり)のサービス」です。

ペットショップや動物病院では預かった動物の健康状態を監視する責任が発生します。
一般的なカメラ撮影による監視方法で異変発生に即時対応するには、常時映像を監視する必要があります。しかし映像からは体調変化を判別できない事や、死角を網羅するためにカメラの複数設置が必要等の問題が多くあります。また実際に24時間監視するには、これらの問題に加え、夜間帯も勤務シフトを組む必要がある等、現実的ではありません。

本事業では一般的な監視方法が抱える技術的な問題に対して、マイクロ波センサーを利用する事で24時間無人で対象動物の生体情報(心拍・呼吸)を測定・監視する機器を試作開発します。
さらに安価なマイクロ波センサーを採用し、かつスマートフォン等の汎用機器を利用(モニタリングや異常検知時)して製品・導入費用を抑えた構成とし、ペットショップや動物病院の生体管理品質の向上、監視要員や作業負担の減少、システム導入費用の軽減化に取り組みます。

大阪府中小企業団体中央会:採択結果受付番号:2727111797
http://tri-osaka.jp/maido/Saitaku_H27.pdf

問合せ先

大阪本社 システム事業部 Tel 06-6320-4199

先頭へ戻る