大阪・東京の中小企業のシステム開発を支援

お問い合わせ

大阪本社(受付 9:00~18:00 土日祝は除く) 06-6320-4199

ホーム プレスリリース一覧 2018年 2018/2/19 → English Site

プレスリリース

味岡伸太郎氏がデザインした見出し明朝書体「味明」の発売開始

配信日:2018/2/19

概要

スキルインフォメーションズ㈱(本社大阪、杉本浩社長)は、フォントデザイナーの味岡伸太郎氏がデザインした、見出し明朝体フォント「味明」の販売を開始した。フォントの内容は、漢字部分の味明と味明モダンの2書体、ひらがなカタカナは10書体有り、それぞれの組合せにより50書体となる。
動作環境は、Windows10/8/7、MacOSX10.3以降 フォントデータ形式は、OpenType。
PC1台に対するライセンス価格は、50,000円(税抜)

内容詳細

スキルインフォメーションズ株式会社(本社大阪、杉本浩社長)は、グラフィックデザイナーの味岡伸太郎氏がデザインに携わった見出し明朝体フォントである「味明/EB」「味明モダン/EB」を発表し、販売を2月1日より開始した。これは、味岡氏が漢字と仮名、アーティストの成澤正信氏が欧文のデザインを担当したもので、仮名書体10書体の組合せにより合計50書体となる。
動作環境は、Windoes10/8/7(32bit、64bit対応)、MacOSX10.3以降。
データ形式は、オープンタイプフォントで価格は50,000円(税抜)。

味岡氏は、書体デザインについして「味明は、線画とのコントラストが強調されるように、横画は可能な限り細く、先端の打ち込みをやや太くするだけで、それも目立たないようにほとんど直線で、水平に処理し、全ての太さを同一にした。 味明モダンは味明のエレメントを更にシャープにさせ、欧文書体にオールドローマンとモダンローマンがあるような、2種類の明朝体をデザイン。両書体ともに柔らかさや優しさを失わず、品よく仕上がったと自負している。」と話す。

問合せ先

大阪本社 コンテンツ事業部 Tel 06-6370-4200

先頭へ戻る